ロゴ

誰もが住みたい家がある「健康住宅の魅力を徹底解説」

HOME>レポート>ハウスシック症候群が0な健康住宅を建てませんか

ハウスシック症候群が0な健康住宅を建てませんか

住宅模型

断熱機能の違い

冬場になると部屋の中が肌寒く感じて、暖房器具を使い続ける必要があるせいで、光熱費が高くなってしまう事に悩まされている人に健康住宅は最適です。部屋の外から寒気が入り込まないよう外断熱にこだわる事によって、暖房器具を使い続けなくても快適な暮らしを続けられます。冬場の室内を温かく感じられるだけでなく、夏場は外から熱気が入り込みにくいのが、健康住宅はオリジナルの外断熱工法の特徴です。建築資材として使われている木材を断熱材で守りながら、基礎となるコンクリートが蓄熱体として働くよう工夫されています。エアコンによる冷気や熱気を逃がさないために、光熱費を大幅に節約できる効果が期待されており、コストパフォーマンスの良い住宅として好評です。

インテリア

カビの増殖を防げる

家族全員が健康でいられる住宅で暮らしたいのであれば、カビの胞子の増殖を防ぎやすい、健康住宅の機能性に注目してください。オリジナルの断熱工法によって、室内に寒気が入り込みにくくなるおかげで、窓の結露が発生しにくくなるというのも、健康住宅の一戸建ての魅力です。窓の結露が発生するだけで、カビの胞子が大量に増えやすくなる環境になってしまい、毎日のように結露を拭いていてもカビは増え続ける事になります。健康住宅の一戸建てであれば、トリプル樹脂サッシが取り付けられた部屋で暮らす事も可能です。冷暖房効果がとても大きいサッシとして注目されており、結露が発生しにくいだけでなく、急激な温度変化による血圧の変動を防ぐためにも役立ちます。

広告募集中